西宮市*甲東園より 筆不精な店主にかわって妻Erikoがお店のニュースやバリ島、インドネシアの事、日々の事を書いています


by CAFENADI
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バリ島にいまも生きている、富を集める妖怪(?)ブレロン。
いえ、バリ島にはブレロンだけでなく、
他にも色んな妖怪精霊小人そして神々が生きているそうなのですが、
今日はブレロンの話。

こないだ「ブレロンの歌」Lagu Baliバリ島の歌謡曲♪という、
店主お気に入りの歌についての記事をUPしましたが、
じゃあそのサビで連呼される「ブレロン」ていったい何?
ほんとにいるの?形は?と店主に質問してみました。

ソンブレロン♪と歌っているので、
てっきりソンブレロ帽子型の妖怪かと思いましたが、
ぜんぜんちがうらしい。
おもしろいのでちょっと公開。
嘘かまことか!?という真剣風ではなく、
「どうだかわからんけどオモロイ話」として聞いてくださいませね。
私には見えませんので、実証のしようがないもので・・・


【ブレロンの見た目と役割は?】
ブレロンの見た目はとにかく金色。
なぜなら金を食べて生きているから。
一日2kgは金を食べる。
形はニワトリだったりヘビだったり色々。
どんな形にも姿を変えられる。

ブレロンを飼っている家というのは、
それまでひどく貧乏だったのが急に裕福になるので、それとわかる。
ホテルやお店などの商売の場合でも同じく、
急に羽振りがよくなる、会社が急激に成長するところはブレロンを飼っていて、
ブレロンが夜な夜な金や財宝をあちこちから盗んで持って帰ってくるおかげだとか。

【ブレロンはどうやって出来る?】
ブレロンは黒魔術師のところへ行って、魔法で作ってもらう。
引き換えに、自分の子供の中でも一番可愛い子供の命を取られる。
黒魔術師にもらったバナナを家へ持って帰り、
可愛い子供に食べさせると何か、事故なり病気なり、
何かが起きてすぐその子は死んでしまう(ひょぉ~怖いですね002.gif)
その体から離れた子の魂を取ってブレロンが作られる。
商売の場合は、
一番可愛がっている従業員の命が差し出される(これまたコワイ!)。
一年にひとり。

【ブレロンを飼うリスク】
しかし、バリ人も日本人と同じく
「因果応報」「カルマ」を信じている人達ですが、
ブレロンを飼って、
他所から盗んだお金で急に豊かになって、
贅沢な暮らしを楽しんだ見返り=カルマというのは、そうとうキツイという。
ブレロンを飼っていた人が死ぬと、その後は家がまた急に没落し、
子々孫々7代目くらいまで辛い生活を送らなくてはならない。
なぜなら、その豊かさとは、
子孫の分の豊かさを先取りして使ってしまった豊かさだからだとか。

7代、というのがどこから出てきた数字なのかわかりませんが、
私はインディアンの長老の有名な教え、
「7代先の子孫のことを考えて今のことを決定しよう」
という教えが頭をよぎりましたよ。
考えてみると、資源を大量に消費し、
地球のバランスをこわしながら成り立っている、
私達の今の暮らし、
愛する子供や、仲間や誰かを犠牲にしながら・・・?
それは、みんながブレロンを飼っているようなもの。
子孫の分の豊かさを先取りしている暮らしなんじゃないのかな?
と考えたり。
このリスクの話が、私には一番胸にささりました。

【ところでブレロンほんとにいるの??】★店主の話なのでほんとかどうかはわかりませんョ!(^^;)★
バリ島の銀行や信託銀行は必ずお金がなくならないよう「ブレロン除け」をしている。
そのアイテムは、白鳥の玉子と海の砂。
敷地の四隅などに置いて結界をはり、
ブレロンが入れないようにしている。

【ブレロンの苦手なもの】
店主のオカンは雑貨屋兼食堂をしてますが、
あるとき、不思議と売上金が目減りしてどこかへ消えるため、
お金をしまうレジ代わりの木箱に唐辛子を入れたら、そこから減らなくなった。
ブレロンは唐辛子が嫌いらしい。

【ブレロンはバリの人々の中に生きてるらしい逸話】
バリ島の田舎で、夫や親戚と車に乗っている時のこと。
姪っ子の村の近くで、
通りがかった道端の小さいスーパーマーケットに寄ってもらおうとしたら、
「あーあそこはブレロン居るからダメ!ダメ!
 うちの村の人でもあの店に入ってお金が無くなった人が何人もいるんだよ!」
買い物して、店を出たら財布の中にまだ残っていたはずのお金が無い。という。

ちなみに”ブレロンに取られる”、とられ方というのは、
財布や金庫やレジや...必ずあったはずの金が忽然と消えてなくなる。
という無くなり方なんだそうです。

【ブレロン検索してみました】
ためしにBrerong という単語でgoogle検索すると、

"pis amah brerong"ブレロンにお金食べられた
"Pulsa amah brerong"ブレロンにプルサ(プリペイド式携帯電話のチャージ)食べられた

などという風に「ブレロン」という言葉が使われています。
何に使ったんだかわからんけど、
スッカラカンにお金なくなっちゃった〜的な意味合いが多い様です。
携帯のチャージも、何かの不具合か何かで、チャージした筈の金額が消えてた。
とか、どことも知れないどこかへ消える感じが、携帯のチャージ金額には
ぴったりあってますね。言い得て妙です。


そんな風に...
姿はみえずとも、
ブレロンはバリ島に生きているようです。
d0130265_10390568.jpg
----------------------------------------------------------------------------------------
★兵庫県西宮市 阪急甲東園駅から徒歩3分 
 バリ人店主が作るアジア料理 ぐるなびCAFE NADIページ

いつも「いいね!」をありがとうございます

★ツイッターはこちらをフォローおねがいします(^^@CAFENADI

instagram @cafenadi

-----------------------------------------------------------------------------------------


[PR]
by CAFENADI | 2014-09-29 10:02 | バリ島/インドネシアのこと