西宮市*甲東園より 筆不精な店主にかわって妻Erikoがお店のニュースやバリ島、インドネシアの事、日々の事を書いています


by CAFENADI
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お店DIY

d0130265_20444323.jpg

d0130265_20444358.jpg

こないだ、神戸は栄町の雑貨屋さんで、しんちゅう製アルファベットの文字を見つけました。
『CAFENADI』の文字を買って帰って、
今日、店主がドアの上に取りつけてみたら、大きさも色も誂えたようにちょうどいい感じ。
しかも多分インドネシア製だし、ウチの店にはぴったりだ~!。
長いことまともな看板無しのノッペラボウだった入り口が、キリッとしまって、いい感じです!
[PR]
by CAFENADI | 2008-03-27 20:44 | カフェナディ
d0130265_13342349.jpg

新しく、学生さん限定のお得なコースを作りました!
『学割パーティコース 1300円』
学生さん4名様以上でご注文いただけます(^o^)/

内容は…
★野菜のサモサ
★揚げ春巻き
★鶏の唐揚げインドネシア風
★鶏とアボカドのバリスパイスサラダ
★肉団子のスープ
★青菜の炒め物
★ナシゴレン(インドネシア風焼飯)
★季節のアイスクリーム(シャーベット)

…と盛り沢山!
ソース、ドレッシングまでバリ人ベテランシェフが心をこめて手作りしてます。
だからリーズナブルだけどヘルシー!

飲み放題(2時間)はプラス2000円で承ります。

学生さんは ぜひぜひ ご利用下さい!
[PR]
by CAFENADI | 2008-03-22 13:34 | カフェナディ

バリ島の凧

d0130265_1639134.jpg

d0130265_1639173.jpg

休憩時間に店主何をしてるのかと思ったら…
いっしょけんめい凧を作っております。
息子のため…だそう。

バリ島の凧あげシーズンは、いい風が吹く乾期です。
バリの空に凧がたくさん上がり始めると、「あ~乾期が来たな~」と思います。

そんな凧ですが、家でお父さんが子供に手作りしてあげたものが多いです。
竹ヒゴで器用に骨組みを作り、買い物でもらったビニール袋を切り開いてはります。
ビニールを留めるのは線香を使います。
火のついた線香をビニールが重なった部分に押し付けると、
ビニールが溶けてくっつきます。
どこの家にもころがっている素材で、みるみるうちに凧の形が出来て、
空高くあがる様はちょっと魔法みたいな感じ。
制作中のお父さんの横にはたいてい子供がぴたっとはりついて、
制作過程を見守っています。
ガイドブックには載ってないバリのいい風景ですよ。

店主にも
「せっかくだから、子供に作ってるところをみせてあげてよ」
と言ったのですが、
「子供用にも小さいのもういっこ作るから~」
あれ?
じゃあ今作ってるのは自分用?

なにはともあれ、休みの日に翔ばすのが楽しみになってきました。
ちゃんと上がるかな~?
[PR]
by CAFENADI | 2008-03-20 16:39 | カフェナディ
先日ケチャやりませんか?とお誘いがありました。
神戸の老舗バリ料理店「ワルンバリ」の店主マデさんと、
お店のお客さん達が中心になってケチャグループを作って、
今年の神戸まつり5月18日に出場するそうです。

今40人ほどあつまっているそうですが、
「お揃いのサロン(腰布)を75枚作ったから、70人位になるまでまだまだメンバー募集中」
…との事。
関西のガムラングループによるバラガンジュール(行進しながら演奏するガムラン隊)あり、
ケチャあり、メンバーは日本人&インドネシア人の混成部隊。
楽しそうじゃないてすか~!?

日曜日が練習日と本番という事で、
残念ながらカフェナディスタッフは今回参加出来ないのですが、
興味がある方はゼヒ!
参加されてはいかがでしょうか?

特にバリ人男子は大歓迎らしいです(^。^;)

詳細は神戸の「Warung Bali」マデさんまでお問い合わせ下さい。
[PR]
by CAFENADI | 2008-03-14 16:07 | カフェナディ

Selamat hari raya Nyepi!

2008年 今年の3月7日は、バリ島独自の暦、サカ暦による新年です。
バリ島の新年の迎え方はちょっと独特。

だいたい1ヶ月前位から町の自治会ごとに、
「オゴオゴ」と呼ばれる、
お化け・悪霊をかたどった、はりぼてのおみこしを、
村の男の人が集まってこしらえ始めます。
その時期に旅行すると、あちこちの村の集会場や道ばたで、
作りかけの「お化け」を見られます。
店主の実家の村でも作りますが、
農家のおじちゃん・お兄ちゃん達が作っているとは思えないほど、
なかなか上手な出来ばえ。
こういうのをみると、バリ人ってすごい器用やなぁ~
と感心してしまいます。

大晦日にあたる日は、女性は特別なお供え物を作って供え、
夕方からは、青年団の男の子達が出来上がった「オゴオゴ」を担いで、
村の通りを練り歩きます。
オゴオゴの前には、ガムランの楽隊が先導し、
竹に火薬をつめて手作りした大きな爆竹に、
火をつけて、バーン!とならしながら一緒についていく、
子供(男の子)の爆竹隊(?)もいて、大騒ぎです。

家の中でも、お母さんが、
なべや空き缶を木ぎれでガンガンとおもいきり叩きながら家中をまわって、
家の中の悪霊を追い出します。

そんな騒々しい一日がおわると、次の日、
新年一日目はうってかわって、
悪霊がバリから去っていくように、一日中家の中で、
じっとして過ごす、何もしてはいけない、静寂の日です。
仕事や遊びなどの活動的な事はもちろん、
料理や電気をつけてもダメ・・・

観光客も一日ホテルで足止めです。
徹底している事に、観光地だというのにこの日は空港も閉鎖され、
飛行機は飛びません。
短い期間で観光する観光客には、
まるまる一日ホテルに軟禁状態でつぶれてしまうので、
避けられているらしいバリ島のニュピ(新年)。
でも実際、飛行機も飛ばない静けさに包まれた一日というのは、
日々都会に暮らしているととっても貴重です。
普段バリ中を走りまわる車や観光バスやバイクもないので、
音も排気ガスもなく、自然の音と澄んだ空気があるだけ。
夜は電気をつけてはいけない事になっているので、
最低限の灯り(ロウソクとかカーテンを閉めて少しだけ電気)で、
本当の夜の暗さに、星明かり・・・
そうして何もせず静かに一日すごすと、
本当に自分自身も島も、全体が浄化されるような、
すがすがしい感じがして、私は実はニュピが大好き・・・。


今こうして、日本であわただしく暮らしていると、
「あれっ? そういや今日ニュピだった。」
てな感じですけどね・・・
この時期は特にバリに行きたいなぁ~と思ってしまいます。
[PR]
by CAFENADI | 2008-03-07 20:30 | カフェナディ

シーフードカレーセット

d0130265_18392699.jpg

好評だった、「豚のインドネシア醤油煮こみセット」にかわって、
新しく、「シーフードカレーセット」が出ました。

インドでも日本でもない、インドネシア味のカレー
ココナッツミルクが入って、まろやかなお味です。

CAFE NADIの他のメニューと同じく、
あまり辛くないので、辛いのが苦手な方でも食べられます。
辛いもん好きの方は、唐辛子を足してお作りしますので、
是非!ご注文の際にお申し付け下さいませ。


「シーフードカレーセット 900円」
・シーフードカレー
・白ご飯
・野菜のサモサ
・バリ風つくねの串焼き

★ランチタイムには本日のスープ+サラダがサービスで付きますv(^▽^)v
[PR]
by CAFENADI | 2008-03-05 18:39 | FOOD